湿布を貼りたいけれど、私の症状は冷感湿布がいいの?温感湿布がいいの?、どっちが効くの?

湿布を貼りたいけれど、私の症状は冷感湿布がいいの?温感湿布がいいの?、どっちが効くの?

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

皆さんは、温かく感じる湿布と、冷たく感じる湿布のどちらを使いますか?
このご質問は、よく患者様から聞かれる質問なので、お答えしたいと思います。

冷感湿布と温感湿布の違いとは

文字どおり、「冷たく感じるのが冷感湿布」、「温かく感じるのが温感湿布」です。
実は、この二つは感じ方は真逆ですが、効能として、痛みなど低下させることに関しては変わりません。

口の中で強いミントの飴をなめていると冷たく感じ、その後、ぬるい水を飲んでも冷たく感じます。
また唐辛子の辛い鍋物を口に入れ、冷たい水を飲んだとしても、しばらくの間は口の中が熱く感じます。

冷たく感じた方が心地よい、逆に温かく感じた方が心地よく感じるといった好みがありますので、2種類の感じ方をする湿布が作られているのです。
では、「冷感湿布」と「温感湿布」どのように使い分けるのが良いのでしょうか?

「冷感湿布」は、“急性”症状に!

特にギックリ腰などの急性症状には炎症を抑えるために、冷たく感じる湿布の方が適しています。

冷感湿布には、冷たく感じる成分として、メントールなどの成分が入っているために冷たく感じます。

患部の炎症が生じている場合、温めるよりも冷やすことを優先とします。

温めてしまうと、血流が良くなってしまうため、余計に炎症を助長させてしまいます。

また、もし内出血を起こしている場合には、温めてしまうことで、より悪化させてしまうことがあります。

本当に患部を冷やすのであれば、患者様により“アイシング療法”を生活指導することがあります。

「温感湿布」は、“慢性”症状に

慢性症状の肩コリや腰痛などには温感湿布の方が適しています。

温感湿布は温かく感じる成分として、唐辛子のカプサイシンの成分が入っているため、温かく感じます。

血流が悪いために筋肉が硬くなることで症状が発症してしまっている場合、冷やすと余計に力が入るため筋肉が硬くなり症状が増悪します。

その際に温かく感じる温湿布の方が、温かく感じ力が向けやすくなるために、筋肉が和らぐことで効果的です。

ただし、問題があります。

温感湿布をしたまま、こたつなど入ったりストーブなどで温めたりすると、ピリピリしてきます。

特にバージャー病(閉塞性血栓性血管炎)の方、閉塞性動脈硬化症の方、末梢血液循環障害などの方は、下肢に冷えがあったとしても使用するにあたっては、特に注意が必要なため、主治医にご相談ください。

湿布薬も対処・予防策。正しく使いましょう。

湿布も症状を抑えるための方法ですが、あくまで“対処策”・“予防策”です。

痛みの原因が解決するとは思いません。

特に長時間の貼布・皮膚の弱い方ですと、皮膚荒れを起こしてしまい、湿布が貼れなくなってしまう場合があります。

また貼布したままお風呂に入ってしまっても、ピリピリした刺激(特に温湿布)があったり、皮膚が気触れることが起こってしまいます。

皮膚も解剖学では、全身を覆う一枚の組織です。ということは、患部だけでなく、全身に影響が出てくるのです。

市販されている湿布薬もありますが、よく用法・用量を守って正しく使用してください。

〜〜〜お知らせ〜〜〜

にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

302 PV