鍼の加工技術はすごい進化しています!痛くない鍼はこれだ!

鍼の加工技術はすごい進化しています!痛くない鍼はこれだ!

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

今日は当院で使用している鍼について書きたいと思います。

加工技術の進化、鍼の先端もだんだん丸くなる。

鍼治療で使う鍼は先端が全て同じだと思っている人も多いのではと思います。

鍼先は松葉型や丸くなっている物まであります。

最近では、鍼治療で使用する研磨技術が高まり、鍼先が丸く加工することが可能です。

鍼治療において、一番痛みを感じやすい工程が切皮の時です。

切皮とは、鍼先が皮膚を貫いていく工程の時に出現する痛みです。

もちろん鍼をただ刺しただけでは、どの鍼を使用しても痛みを生じます。

私達、鍼師は鍼灸学校などにて技術を習得するので、痛みが出ずに鍼治療を実施できます。

また鍼先が丸くなることで、スパッと切れるのではなく、皮膚を押し切るように切皮するため、負担が少ないです。

美容鍼

治療をする上で、鍼先の位置が一番刺激量が高いのです。

深い組織はどのようになっているのか目で見えない分、その鍼先がどこにあるかが治療において重要です。

鍼の先端が丸い鍼は、鍼先をインナーマッスルなど深く刺入させていく時にも、毛細血管を傷つけることが少なくなり、内出血になる確率がかなり少なくなります。

私も使用する立場において、患者様により負担が少ないものを選定しています。 

首・肩こり

 

使用する鍼は柔らかいものが良い。

柔らかいものを使用することにより、患者さんのこりの部分がより手に伝わります。

太く硬いものを使用すると、非常に刺しやすいのですが、感触が手には伝わりにくくなります。当然、鍼の太さも太い方が硬くなるため、刺激量が多い分、リバウンド(反動)も大きくなります。

パルス治療や灸頭鍼を実施する場合は、太い鍼でないと切鍼または倒鍼してしまう可能性が生じるためです。

疲労の度合いが大きい方や病んでいる方を治療していくのには、太く硬い鍼ではなく、細いものや柔らかいものにより、自然治癒力などを高めていくことが重要です。

首こり

 

鍼を選定する所から治療が始まります。

鍼もいろいろな種類があり、生産されている国も違います。

当院で治療に使用する鍼は、日本で製造された鍼灸学校でも授業で使用されている鍼を使用しています。

鍼治療で使用する鍼はただの治療用道具ではなく、患者様と術者とつなぐものです。

OMG0I9A9238280133641_TP_V

この鍼がツボの特性を活かしたり、局所(患部)の症状を改善させたり、自律神経を整えたりすることで、自然治癒力・代謝を高めて患者様のニーズにお応えできます。

鍼には、17種類の技がある! それぞれの技術と刺激の強さで、お悩みの症状を治療します!

より良い鍼を求め、いろいろなタイプや新製品などが発売されると、自分自身や家族などで製品を確認し、安全・安心な鍼を選定することで、治療に活用させています。

自分自身で試して、家族などにも感想を確認しているからこそ、自信を持って治療にあたれます。鍼治療が初めてな方も、今まで痛みを感じていた方も、ぜひお試しください。

信頼できる先生を知っていますか?

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

517 PV
CATEGORY :