瘀血=汚血 『父さん支援(糖・酸・脂・塩)』取りすぎ注意! 食生活を見直そう!

瘀血=汚血 『父さん支援(糖・酸・脂・塩)』取りすぎ注意! 食生活を見直そう!

皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

季節ごとに、天然の旬の食材がお店に並んだり、飲食店などのお料理で出てくるようになりました。

現代社会において、生活様式は大きく変化しました。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|メニュー選び

食生活も「家で作る。」といった時代から、「買って食べる。」「外で食べる。」といったように変化しています。

ここで気をつけたいのが、栄養素の取り過ぎです。

父さん支援というキーワードを、【糖】【酸】【脂】【塩】分解して、書かせていただきます。

糖=血糖値(空腹時血糖値:110mg/dl以上は、要注意!)

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|糖質たっぷり

糖分・炭水化物の摂取量の取り過ぎが原因です。

米飯・パン・揚げ物の衣・砂糖・ブドウ糖・ショ糖などの摂取量やバランスがカギとなります。

【ダイエット・糖尿病】GI値・糖質・カロリー 食材によって特性が違う! 食欲の秋です。この食材には気をつけましょう!

血糖値が高まると、II型糖尿病になってしまいます。

糖尿病そのものよりも、血流障害により目、腎臓、下肢などに合併症が出てしまうことの方が、日常生活に生活に問題となってきます。

酸=尿酸値(7.0mg/dl以上は、要注意!)

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|ビールを飲む男

肉類・魚介類・ビールなどのアルコール、プリン体の食品の摂取量の取りすぎが原因です。

牛・豚・鶏の各肉類、魚介類、ビールなどのプリン体やアルコール、糖分(砂糖・果糖)が多い飲食品の摂取量がカギとなります。

尿酸値が高くなると、高尿酸血症痛風になってしまいます。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|痛風・イラスト

“痛風”になると、多くは足の第一中足趾関節が、炎症により腫れてしまい、激しい痛みを伴います。その他には、膝関節・手関節・足関節・足の甲にも炎症により腫れや痛みが出る場合もあります。

そして、痛風腎になってしまうのも、問題となります。

脂=中性脂肪(149mg/dl以上は、要注意!)、LDLコレステロール(139mg/dl以上は、要注意!)など

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|唐揚げ

脂肪分の摂取量の取りすぎが原因です。

揚げ物、肉類の脂分、生クリームなどの脂肪分、トランス脂肪酸などが多い食品の摂取量がカギとなります。

体脂肪が多くなることが問題ですが、特に内臓脂肪が増えてしまうと、臓器の活動性が低くなり、代謝量が低下してしまいます。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|内臓脂肪・イラスト

高脂血症はいくつか種類がある中で、“Ⅳ型”が生活習慣病の型と言われます。

心筋梗塞などの動脈性硬化性疾患、中性脂肪を乳化させる胆汁を貯蔵・濃縮させる胆嚢、脂肪を分解する酵素(リパーゼ)を出す膵臓への負担、胆汁を生成して脂肪が特に溜まりやすい肝臓(脂肪肝)の機能が低下して、体に支障が出る事があります。

塩=高血圧の要因(1日6g未満が、推奨量)

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|塩としょうゆ

塩分の摂取量の取り過ぎが問題になります。

味付けの濃い料理、パン食、漬物など、塩分の多い食品の摂取量がカギとなります。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|血圧測定

加齢・喫煙量・運動不足などにより血管が硬くなり、血圧が高くなってくることがあります。

そして、この塩分量の取り過ぎが、高血圧のリスクをさらに高めてしまい、ダブルパンチになります。

宴会などのイベントが多い時期には、特に注意!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|乾杯・生ビール

春は花見や歓送迎会、新年度の顔合わせ等の宴会で、お酒を飲む機会が増えると、糖分・肉料理やプリン体の多い食材・脂肪分・塩分の摂取量も増えていきます。

東洋医学でも、春の季節は“血”に関する臓器(肝・胆)や、器官(目)などに影響が強く出る季節です。

★瘀血=汚血 血流と血液と血管の関係性

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|血液ドロドロ・イラスト

◎皮膚や唇などが赤黒い(赤ら顔)
◎下の裏側に静脈が浮き出ている

出血しやすい
◎体表にクモの巣が張ったような細い血管が見える

◎身体の冷え・ほてり
◎皮膚に赤黒い斑点ができやすい。
◎肌荒れしやすい
◎化粧のノリが悪い
◎吹き出物が多く出やすい
◎下腹部が張っている
◎ヘソの周りを押すと重苦しい
◎便秘気味
◎生理・月経の異常(女性)

などが、瘀血体質の方に見られる症状です。

人体を住居に例えると、血液は上・下水道の“水”、血管は“水道管”です。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|水道・手洗い

上水道である血液(動脈)は、筋肉や臓器や器官などを栄養します。下水道である血液(静脈)は、その栄養した後の血液です。水道管に例えた血管は大動脈などの太い血管から、毛細血管などの極細い血管まであり、人体の隅々まで張り巡らせています。

栄養する血液(動脈)などがドロドロ、血管はカチカチでは、生活習慣病である高血圧・脳血管障害(脳梗塞・脳出血)・大動脈解離などを引き起こす原因にもなってしまいます。

春は脳血管障害(脳梗塞・脳出血)に、特に注意!! “FAST”のキーワードを覚えよう!

春の季節は、天候も落ち着か図、気温差が多いです。その他に生活環境が変わったり、年度末・年度始めでストレスもかかる春の季節、知らず知らずのうちに体はダメージを負って、ボディブローのように効いてきます。

「筋肉」も血流の宝庫

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|背筋

筋肉を栄養する血液や血管が良い状態でないと、筋肉そのものにも影響が出てきます。

それは、「ぶつけた」「ひねった」といった、あからさまな原因ではなく、「何もしていないのに、痛くなった」「普通にしていたのに、痛くなった」といった、原因不明に生じた筋肉痛や筋肉の張り・こり・しこりです。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|驚愕

このように瘀血(汚血)の問題は、首こり肩こり腰痛などの筋肉の問題や、上記にあげた症状・疾患に限らず、栄養する皮膚・神経・関節・骨・器官・臓器などの、全身にも影響が出てしてしまうのです。

血液は全身に回っているので、その方の弱い部位に症状として、発症してしまいます。

父さん支援食生活も気をつけて、体もケアしながら健康で過ごしていきましょう!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|信頼できる先生を知っていますか?

〜〜〜お知らせ〜〜〜

にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村