夏の冷え性は「寒」「風」「湿」の三役揃い踏み! 下半身には、特に注意しろ!

夏の冷え性は「寒」「風」「湿」の三役揃い踏み! 下半身には、特に注意しろ!

夏の冷え性は、エアコン・クーラーなどの冷房に関して悩まれている方が、とても多いです。

東洋医学の観点から、夏の冷え性について、書かせていただきます。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|驚き

東洋医学の考え方には、『邪(じゃ)』という考え方があります。

『邪』は寒(かん)・風(ふう)・湿(しつ)・熱(ねつ)・燥(そう)の五つがあります。

それぞれ、この『邪』が体内に多すぎる状態になると、邪の特質に沿った体に良くない症状を引き起こす原因となります。

夏の冷え性の三つの邪はこれだ‼︎

「寒」

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|ペンギンと風景

暑い室内の気温を設定温度に下げるためには、より冷たい空気が必要となります。

冷たい空気の素が「寒」です。

「寒邪」が体内に多く溜まると、冷え症状がより強まります。

血行不良・水分代謝の不良・内臓の機能低下・下痢などが例に挙げられます。

「風」

扇風機

エアコン・クーラー・扇風機の風により、涼しく感じます。

「寒」が多い冷たい空気が風に乗って、体に直接当たると、より体が冷たさを感じます。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|自動車運転 話は少しずれますが、冷たい空気でないにしても、走行中の車や電車の窓を開けっ放しで、片側の顔にズーッと風を浴びていると、顔の筋肉が動かしづらくなります。

そのくらい「風」は、人間の体に影響を及ぼします。

「風邪」に「寒邪」が加わると、神経痛・神経麻痺などを引き起こす原因にも挙げられます。

「湿」

雨の空

梅雨時や夏場の空気は、湿度が高まります。

体感として湿度は空気の熱を、より感じやすくさせる効果があります。

例として、湿度の少ないサウナ湿度の多いお風呂場の空気の違いです。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|治療ってどのくらい通えばいいの?

冬場の晴れた乾燥した寒さと、夏の湿気の多く冷たい空気。皆さんはどちらがより、体に影響するでしょうか?

湿度の多い空気は重く、下によどんでいきます。

人間でいえば、下半身の筋肉や関節に影響が大きく、脚のむくみや重だるさ、関節の不調や痛みなどに繋がります。

特に下半身の関節痛は…

足関節痛

「寒邪」:鋭い痛み・ズキズキ痛む
「風邪」:あちこちに痛みが移動する
「湿邪」:重だるい・鈍痛

が特徴です。

対応策❗️

このように冬と違って、夏の冷え性は、老若男女問わずに、大きな問題です。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|お灸イラスト

今の時期から、「ツボに活かせる、艾(もぐさ)を捻って据える本格的なお灸」での体質改善がおススメです!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|信頼できる先生を知っていますか?

追伸

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|春・キャンペーン

このような記事もご覧ください!

汗の質に注目!

特にご年配に限らず、若い方でも汗をかけない方が増えています。

それは汗腺の問題です。

汗をかかないため放熱できず、熱が体内の籠りやすいと、熱中症の危険性も高まります。

汗の体内の水分であり、重要なサイン!かき方にご注意ください。

さらに血液がドロドロの方は、脳梗塞の危険性も高まります。

春は脳血管障害(脳梗塞・脳出血)に、特に注意!! “FAST”のキーワードを覚えよう!

この夏は除湿機を使いながら部屋の空調管理を行い、小まめな水分・ミネラル補給をして、このような病気にならないように、予防していきましょう!

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村