ボジョレーヌーボー解禁間近! 東洋医学的に、赤ワインはこのような体質の人に効果が高い!

ボジョレーヌーボー解禁間近! 東洋医学的に、赤ワインはこのような体質の人に効果が高い!

今年も11月の第3木曜日に、ボジョレーヌーボーの解禁日がやってきます。

ボジョレーヌーボーも赤・白・ロゼにスパークリングのワインがあるようで、その数を見てみると、赤ワインが圧倒的に多いのが目立ちます。

果物は皮まで食べるのが理想!

 大粒ぶどう

赤ワインはブドウの皮まで使用して作られています。

果物全般にいえることですが、皮に栄養価が高いのです。赤ワインで使用されるブドウの皮にはアントシアニン(視力改善作用)やフラボノイド(ビタミンCを助ける働き)などのポリフェノールが含まれています。

特にブドウの皮まで使用する赤ワインは抗酸化作用が高く、体の錆び付きを予防し、動脈硬化・高血圧などの生活習慣病に非常に効果的です。

美肌チェック

若いワインのボジョレーヌーボーを飲むことで、その年に生産されたワインの出来を確認し、その出来栄えにより値段も変化していきます。

年を重ねて熟成されたワインや高級なワイン・味に深みや渋めのワイン程、ポリフェノールの量も高まります。

その他に赤ワインのポリフェノールには、がん予防認知症予防アンチエイジング美肌作り肌荒れ解消に効果があるといわれています。

赤ワインは発酵食品だからいい!

 ワイン樽貯蔵

ワインは破砕機や足踏みで潰したブドウを、樽の中で発酵させることで製造されます。

食材は発酵することで、長期保存・うまみ成分増加・栄養価が高まります。

発酵食品は良質な菌が体に作用して、健康の増進を助けてくれます。

日本ではしょうゆ・味噌などの調味料や、納豆・漬け物(一夜漬けではなく、長期間に樽や容器で、石やネジ等で圧力を加えて漬けた物)が発酵食品の代表です。

ヨーロッパ風景1

特にヨーロッパなどでワインが食事の際に愛飲されているのは、水の乏しい地域があるために、代用品としてワインが飲まれている歴史・文化があります。

ブドウを発酵させてお酒(ワイン)にすることにより、長期的に保存することができ、オールシーズン、常に飲むことができ、栄養も補給されているのです。

ヨーグルトを食べて健康になろう!

ヨーグルトを食べて、アンチエイジング!私が毎日ヨーグルトを食べる理由

そのため現代においても、ワインをはじめ紅茶・チーズ・ヨーグルトなどの発酵食品を摂取することで、健康維持・増強を計っているわけです。

白ワインよりも赤ワインの方が、食物特性が陽性である肉料理に合う飲み物であるため、より体を冷やしにくくする効果が高まります。

東洋医学的にこのような体質の人に飲んでほしい!

 ワインは体を温める働きを持つ温性の食品に分類され、五味の中でに属します。

東洋医学的に赤ワインをおススメしたい4つのタイプです。

気虚証の人

家でゴロゴロ

◆体を動かすのが億劫である
◆肌のたるみがある
◆呼吸の感覚が短い・浅い
◆食が細い
◆顔色が青白い

陽虚証の人

冷え性

◆足腰がだるい
◆冷え性である
◆クーラー(冷房)が苦手である
◆浮腫みやすい
◆頭に汗を多くかきやすい

気滞証の人

ため息まじりの中年

◆ゲップ・おならが多い
◆ため息がよく出る
◆お腹が張っている
◆便秘気味である
◆寝起きが悪い

瘀血証の人

目のクマ

◆目にクマができる
◆手足が冷える
◆青あざが出きやすい
◆肌の地が浅黒い
◆筋肉がコリ症である

以上の体質の人に、特におススメです!

お酒が飲めない人や子供でも、大丈夫!

ビーフシチュー・イラスト

赤ワインを料理に使用することで、熱によりアルコール分が蒸発し、赤ワインの有効成分を摂取することができます。

特に肉を柔らかくする効果があり、臭いを消す作用もあるので、ビーフシチューやハヤシライスなどの煮込み料理に活用すると、より風味が増して美味しくなります。

「脂肪分の少ない肉」「ブロッコリー」「赤ワイン」を合わせることで、動脈硬化を予防する効果が高め、おススメの組み合わせです。

トラック競技

また肉のタンパク質とブロッコリー等のビタミンCを摂取することで、ランニング・ウォーキングなどの運動もプラスして行うと、より筋力アップにつながります。

筋肉量・筋力が高まると、代謝量も高まるために免疫力もアップしてきます。

適切な量は?毎日飲んでいいの?

治療ってどのくらい通えばいいの?

適切な量は一日に180mlが適量です。ワインの平均アルコール度数は14%程です。

厚生労働省の推進している「健康日本21」の節度ある適度な飲酒では、1日平均純アルコール量は約20gです。ボトルが750mlとすると、約1/4本が目安となります。

年齢や性差・個人差により、適正アルコール摂取量が、各々変化するのでご注意ください。

赤ワインのGI値(体内への糖の吸収スピード)、糖質量(炭水化物量−食物繊維量)、カロリーは?

マッサージと整体の違いについて

赤ワインは100ml中に

100mlあたり GI値 糖質量(g) 炭水化物量(g) 食物繊維量(g) Kcal
ワイン(赤) 32 ? 1.5 ? 73

注)“?”は、皮と実のバランスなどにより、数値が異なります。

です。

一日の適量である180mlに換算すると、

180mlあたり GI値 糖質量(g) 炭水化物量(g) 食物繊維量(g) Kcal
ワイン(赤) 32 ? 2.7 ? 131

です。

カレンダー・イラスト

お酒として飲む日の間隔は毎日ではなく、休肝日を設けて飲まれることをおススメします。

休肝日でも、前述したようにお料理に使用することで、アルコール分が熱で蒸発することで、アルコール摂取量がなく、有効成分を摂取することが可能です。

2017年は、11月16日(木)の0時に解禁されるボジョレーヌーボー。

ボジョレーヌーボー・イラスト

ワインは「天」と「大地」と「職人」が作り出した、『神の滴』ともいわれています。

ボジョレーヌーボーの出来は、その年の地球をもの語り、ワインの歴史を作っていきます。

これからワインが美味しくなる季節になってきます。寒い時期には、ホットワインもおススメです。

みなさんもパーティーやクリスマス、忘年会・女子会など、赤ワインで乾杯されてみてはいかがでしょうか。

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

162 PV