血液循環が新陳代謝を活発にします。東洋医学の『血(けつ)』は人間のエネルギー!

血液循環が新陳代謝を活発にします。東洋医学の『血(けつ)』は人間のエネルギー!

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

東洋医学における『血』のお話です。

私は患者様に【エネルギー】として説明しております。

分かりやすく車で例えると、“ガソリン”です。ガソリンは車の燃料であり〔栄養分〕です。
そして、車を走らすと消費してしまいます。

『血』の巡りが良くなると、代謝があがるため新陳代謝が活発になります。

『血』は医食同源の根本です。

『血』の原料は“脾”で飲食物を消化して生成される水穀の精微(栄養分)で、水穀の精微から直接作られるものと、「営気」と「津液」から合成して作られるものに分かれます。

生成された『血』は心(しん)の働きで、五臓六腑から皮膚に至るまで全身に送られ続けます。

『血』は体の働きを支える栄養源として活用され、筋肉・骨格を丈夫にしたり、ものをしっかり見えたり、肌や髪の毛がつややかであるのも『血』の働きです。

『血』に関する、証(体質の問題)とは

『血』に対しての東洋医学的な証(タイプ)は以下の状態です。

「血虚」:『血』の量が少なくなる、機能が低下している状態
【原因】失血(月経出血量の過多)や『血』の消耗、生成機能の低下など
→脾・胃の不調・機能低下、栄養不足など
症状として、目がかすむ、目の乾き、めまい、動悸、月経不順、手足のしびれなど

があります。

「血熱」:『血』の中に熱が鬱積している状態。
【原因】熱邪が『血』に作用する、血の巡りが停滞して熱がこもったり、辛いものまたは味の濃いものの摂り過ぎ
→熱邪の侵入、辛いものや濃い味の食べ物など
症状として、発熱、鼻血、口の乾き、便秘など

があります。

また血の巡りが異常に速くなると、歯茎からの出血、皮下出血、月経過多など出血しやすい症状が出現しやすくなります。

「血瘀」:『血』の巡りが悪くなったり、停滞したりしている状態。
状態が継続すると停滞した血栓のようなもの“瘀血”ができてしまいます。
【原因】外邪の侵入、心・肝の異常、気虚・気滞など+脂が多い食事、喫煙、お酒の飲み過ぎ
症状として、肌のくすみ、目の下のクマ、月経痛、神経痛、便秘などがあり、症状がひどくなると脳血管障害、子宮筋腫などに進行します。

「血溢」:出血しやすい状態。
【原因】血熱・血瘀、消化器系の不調などによる

以上が、代表的な『血』に関する体質の問題です。

特に女性に多いことで有名な『血』の症状ですが、最近では男性も『血』に対しての症状を抱える方が多いです。

血の気が多いとか頭に血が上るなどの言葉があるように、ストレスとも非常に関連があります。

〜〜〜お知らせ〜〜〜

にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村