お灸をすえる時に、竹筒を使用するのは何故?

お灸をすえる時に、竹筒を使用するのは何故?

皆様の元気と笑顔をサポートする、鍼灸マッサージの必殺仕事人こと、もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

指|2

お灸は2種類あります。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|間接灸

トロ火のオートマチックな台座灸やダルマ灸と、

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|男性温灸

瞬間〜トロ火まで調節できるマニュアルな艾(もぐさ)を手で捻るお灸です。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|鍼灸院

今回は灸師(きゅう師)が国家試験の実技でも実施され、臨床の場でも治療で用いる後者の艾を手で捻るお灸です。

緩和器

本格に艾(もぐさ)を捻るお灸の場合、竹筒を使用する事があります。

指|3

何故かというと、3つ理由があります。

1.お灸の熱さを緩和させる

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|直接灸

艾を捻って据えるお灸は米粒の半分〜1粒大の大きさが基本形です。

艾の質や捻る硬さで温度が変わります。

良質艾・粗悪艾

私の感覚ですが、柔らかく捻るとホワンとした感じの熱が、固く捻るとジュワと感じの熱感がします。

つまり質がいい艾を柔らかく捻れば、極上のお灸が吸えられます。
八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|看護士|ワンポイント

方法としては竹筒をお灸に被せ、軽く押し当てていきます。

この押し込む感触(触覚)が、熱を感じ取る(温覚)を鈍くさせることができます。

2.圧をかけてコリをほぐす

右肩上がり

竹筒を皮膚に押し当てることで、筋肉をほぐしていきます。

お灸の壮数を増やしていくことで、同じ力で押し込んでも、だんだんと竹筒が沈んでいきます。

筋肉が柔らかくなっていることが、竹筒を通じて感じ取れます。

3.ピンポイントに陰圧にする

勉強|ポイント

火が点いているお灸に竹筒を被せるということは、限りある竹筒の酸素が使用されます。

だいたい艾が8〜9割燃えて消えるように竹筒を被せることで、ヤケドを予防しながら、熱をツボに入れていくのが技です。

酸素が無くなれば、火が消えます。

肩こり・頸こりチェックリスト2

竹筒の中の圧力が少なくなるということ“陰圧”となり、真空状態に近づきます。

分かりづらいですが、皮膚が少し吸い上げられます。

極々弱いですが、「吸角」や「吸い玉療法」のような効果があります。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|春・キャンペーン

これが灸師(きゅう師)のスゴ技なのです!

お灸は癒しから治療まで使用されるオールマイティーな施術・治療方法です。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|鍼灸マッサージ師

皆さんも、本格的なお灸をしてみませんか?

職人が据えるお灸は、なぜ効くの? 台座灸・ダルマ灸、セルフ灸との違いは何?

鍼灸師は症状に対して、「鍼」と「灸」どのように選択しているのか?

八王子の鍼灸あんま師が語る 鍼灸治療の方法から分かる!体質と体調について!

#鍼灸
#灸
#鍼灸マッサージ