これから熱中症を避けるには、涼しい時間帯に「汗をかく運動」をしろ!

これから熱中症を避けるには、涼しい時間帯に「汗をかく運動」をしろ!

皆様の元気と笑顔をサポートする、鍼灸マッサージの必殺仕事人こと、もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

新型コロナウイルス(COVID-19)の対応がまだまだ続いていますが、暦の上では“夏”です。

真夏の太陽

さらに気温・湿度が上がり、蒸し暑い日が訪れます。

これまでに「汗をかく運動」をしなかった方は、汗腺が休眠したままです。

その汗腺が休眠したまま暑い日を迎えると、熱中症の危険性が高くなります。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|看護士NGサイン

大粒の汗をかいているうちは、まだまだです。

体が変わる目安とは・・・

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|看護師OKサイン

細かくてサラサラした汗をかけるようになることが、夏の体になる第一歩です。

休眠している汗腺を目覚めさせるのです!

どうするのか ・・・

農家|汗

この細かくてサラサラした汗にするためには、全身運動が重要と考えています。

その基本的な動作が「歩行」です。

健康寿命を延ばしましょう!

ただし散歩ではなく、『ウォーキング』をすることが大切です。

右肩上がり

歩くスピードが毎秒0.4m未満の人と毎秒1.4m以上歩く人では、10年生存率が3倍開く統計がが出ています。

自粛生活から考える! あなたの筋肉は「霜降り」になっていませんか?

何が重要か?

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|看護士|ワンポイント

『ウォーキング』とは、「歩行姿勢」・「歩くスピード」や「路面環境」が重要になってきます。

★歩行姿勢

最近では片方づつ握り、歩行姿勢を助けるスティックなども販売されています。

歩行姿勢おいて、【肘を意識した方がいい人】と【膝を意識した方がいい人】の2タイプがあるので、実際に確かめながら歩かれるのがオススメです。

★歩行速度

スピードも“やや早めに歩く”ことを心がけます。リズム・テンポは、その方その方で異なるため、リハビリの際にもアドバイスが難しい問題でした。

健常者であれば、自分が思っているリズム・テンポより“やや早めに歩く意識”を持って歩くことで十分だと思います。

★歩行環境

路面環境も舗装された平坦だけではなく、坂道・芝生の上を歩きながら、脳や体への刺激を受けながら歩行することも心がけてください。

同じ道を歩くことも良いのですが、飽きてくる場合があります。体も順応してしまうので、何パターンを組み合わせて見てください。

 新型コロナウイルス対策

三密|セット

推奨されている3密を避けながらウォーキングをしてください。

どのくらいが目安なの?

砂時計

時間にして、45分程度。距離にして、3km程です。

活動量計

それ以外に日常生活の動きを含めて、1日当たり8000歩くらい、雨の日も踏まえると1週間当たり50000歩くらいが目安になるでしょう。

活動量計や歩数計、スマホ・携帯電話などで確認できます。

ジムや健康教室などに通っている人は、入所・開始時に立てた目標を達成するために〔筋力・体脂肪率を維持するための個別メニュー〕が、自粛・休所時に課題として各人に出されているはずなので、プラスαしてください!

良心的なジムや健康教室と、それなりのジム健康教室との差

スマホ首

今の時代、オンライン環境などが整っていれば、身体・食事・運動量のデータのやりとりが可能であり、入所時に立てた目標のための指導が可能です。

再開になった時に、改めて身体能力を評価されると思うので、課題メニューを実施していないと、体重や体脂肪・バーベルの重さや柔軟性など、直ぐにバレます。

健康でいるためには、ただ単に体を鍛えれば・動かせば良いものでは無いのです。

お金を支払って契約しているので、現在が自粛生活だからといって、あなたのために何もしていない・してくれていないジムや体操教室は、本当にあなたの事を思っていたのでしょうか?

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|治療ってどのくらい通えばいいの?

最後に

室内熱中症

この先、梅雨明け後は、さらに気温が高くなる予想を耳にします。

新型コロナウイルスだけでなく、熱中症にも気をつけながら、健康に留意しましょう!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|信頼できる先生を知っていますか?

【熱中症予防】前例のない酷暑が続く、今の日本!寝起きに、まず何を口に入れるべきか?

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村