筋力を鍛えるよりも、神経力を磨け!

筋力を鍛えるよりも、神経力を磨け!

あなたの気になる症状を仕留める”必殺仕事人”こと、もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

人間の能力は各々、ある時点から衰えていきます。

ベンチ・プレス

特に筋力低下が目立つために、スポーツジムなどでウェイト・トレーニングをする人もいると思います。

しかし、神経力の方がより重要です。

自動車事故

交通事故

例えば、筋力をあまり必要としない自転車の運転は顕著に表れます。

高齢者に限ったことではないですが、運転を普段している人と、していない人では、運転に必要な神経力に大きな差が生じています。

不注意を除いて、この瞬時の神経力の低下(車体の感覚、ブレーキ・ハンドル操作など)が多く、自動車の運転事故の大きな要因です。

何故なのか?

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|治療ってどのくらい通えばいいの?

目や耳などの五感に入った情報を脳や反射的に処理し、運動の指令に変え、動作が行えます。

この一連の流れに間違いが生じたり、遅くなったり、劣ったり、できなくなってくるのです。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|歩行訓練

この神経力を日頃から磨いていくことが重要と考え、以前に施設において、モチベーションの高い利用者などを中心にリハビリ・機能訓練を実施してきました。

オリンピックイヤー

オリンピック_ロゴ

スポーツ選手は神経力が、より著名になってきます。

技術的なレベルが同等であれば、勝負は紙一重。

その時点での一瞬の判断により、決する場合がありますし、競技や試合の経過によって、更に差が大きくなっていくものもあります。

人口|世界

オリンピックは国・地域ごとに出場できる人数に限りのあるイベントなので、必ずしもランキング上位の選手が、全て出場できるとは限りません。

その為に他のスポーツイベントと比較し、1位と最下位の差が大きくなりやすいのです。

アスリートも 一般人も 同じ人間

トラック競技

前述したように、一般人もアスリートと同様に運動能力は筋肉の量・質だけの問題ではなく、実際に筋肉を動かす神経力も要素の一つとして総合的に決まります。

だから、筋肉は「鍛える」という表現ですが、神経は鍛えるという表現ではなく、「研ぎ澄ます・磨く」という表現になります。

健康寿命を延ばしましょう!

日常生活も動作においても、この神経力の高さが健康で長生きするためのカギとなります。

しかし、常に神経を高めることは疲労・ストレスが蓄積してしまい逆効果です。

健康を保つには、休養・デトックス(解毒・排出)も大切です。

一つ一つの動作や行動などの時に、持っている五感を有効に使い、効率良くON・OFFのメリハリをつけて神経を磨いていけば良いのです。

体の内面を調整する

さらに、感覚神経、心と脳を司る思考能力を司る神経、内臓力・ホルモン力を司る自律神経などがあってこそ、身体機能が成り立っていくのです。

筋力も大事ですが、感覚神経・運動神経・自律神経も磨いていきましょう!

オリンピック_2020tokyo

毎年恒例の興行的スポーツもありますが、今年はオリンピックイヤーです。

その差に注目して、固唾を飲みながら観戦しましょう!

テレビ観戦_男性