筋肉が硬いのも問題だけど…、関節が硬い方がもっと問題!

筋肉が硬いのも問題だけど…、関節が硬い方がもっと問題!

皆様の元気と笑顔をサポートする、鍼灸マッサージの必殺仕事人こと、もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

準備運動・男性

『体が硬い』の意味に、「筋肉が硬い人」と「関節が硬い人」がいます。

私の経験上、年齢を重ねると「関節が硬くなる人」が多くなり、この事が問題なのです。

関節とは…

膝関節靱帯

複数の骨が筋肉・靭帯により接合され、動かす事ができる部分です。

「関節が硬くなる」ということは、動かせる範囲が狭くなるということです。

すなわち、関節自体にも負担がかかり、運動パフォーマンスが落ちるということが問題です。

ドア-開閉-男

ドアで言えば、範囲が全開できずに狭くなり、開閉する度に音鳴りや動きが鈍くなるといったところです。

みなさんの関節も同様!

勉強|ポイント

各関節に正常に動かせる範囲は、教科書等で記載されています。

変形性膝関節症

その情報を基に、確認しながら状態を確認し、施術を実施しているのです。

【関節が正常な範囲で動かせない理由が何なのか?】が、カギなのです。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|看護士|ワンポイント筋肉が硬いから動かせないのか?
関節が硬いから動かせないのか?

鍼灸マッサージの色々な施術方法

姿勢を整えば、それで良いのか?
もっと別の原因があるのか?

機能訓練

 

これらを把握した上で、施術にあたらなければ、素材も能力も年齢以上に低下してしまうのです。

人間の関節は、約260個

時間は戻せないので、より良いケアやメンテナンスをしていきましょう!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|信頼できる先生を知っていますか?

追伸

筋肉・関節、両方とも硬いのは、もっと問題です!