筋肉がつりやすい人は、こんな人だ! 今すぐに、1分間チェックしよう!

筋肉がつりやすい人は、こんな人だ! 今すぐに、1分間チェックしよう!

何で筋肉がつってしまうのか?
自分は何で筋肉がつりやすい体なのか?

1問5秒で、サクサク答えましょう!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|チェック

◆太っている(体脂肪が多い)
◆痩せている
◆運動不足
◆運動していても、整理体操をしない
◆お酒が好き
◆お茶・紅茶、またはコーヒーをよく飲む
◆夜更かしをしている
◆生活が不規則
◆偏食気味
◆目の周りにくすみがある
◆冷え性である
◆40歳以上

これらに該当する人は、特に筋肉がつりやすい人です。

◆太っている(体脂肪が多い)◆痩せている◆運動不足

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|リバウンド

太っている人は体重が多いために、必要以上に関節や筋肉に負担がかかってしまっている人です。

また筋肉率が低い人や、痩せている人も筋肉自体の量が少ないことで、筋肉に余計に負担がかかります。

そのために疲労物質が溜まってしまい、筋肉がつりやすくなります。

◆運動していても、整理体操をしない

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|脚の筋肉が硬い

準備体操はしても、整理体操しない人が多いです。

準備体操は怪我をしないために実施しますが、整理体操は興奮している筋肉を鎮静化させ、疲労物質の排出を促します。

自分もハンマー投げ選手だった高校生の時期に、ハードな練習や通学スタイルをしていました。

ハンマー投 東京都チャンピオン 当時の夏の練習は、ミニトライアスロンだった!

いくら「若いから……」と言ったって、これだけのことを行えば、体が持つ訳がありません。

1日何もせずに休んでしまうと、元の体に戻すのに3日かかります。怪我をしたら、それ以上の時間です。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|トラック競技

3年間しかない高校時代、正直、怪我をする余裕がありません。

家に帰ってから、体のケアすることにより、大きな怪我をせずに、次の日の練習に備えることができるのです。

◆お酒が好き◆お茶・紅茶、またはコーヒーをよく飲む

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|乾杯・生ビール

お酒、お茶・コーヒーなどを飲まれる方は、アルコールの分解処理やカフェインの作用で、トイレに行く回数が増えます。

そして、排便・排尿が増えることにより、体内の水分量が低下します。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|頻尿

筋肉内の水分も低下するため、筋肉が攣りやすくなります。

年齢が重なるとともに、体の水分量が低下するので、余計に筋肉が攣りやすくなります。

◆夜更かしをしている◆生活が不規則◆偏食気味

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|大きく食べる

体の回復する能力が、睡眠不足や体内時計の乱れ、食生活の偏り(ビタミン・ミネラル不足)により、低下します。

筋肉の疲労度合い・回復力も同様です。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|サッカーボール

サッカーのワールドカップなどのスポーツの世界では、体を鍛えると同時に、鍼灸マッサージや食事などで、体力を回復させる・体を整えるといったことに重きをおきます。

パフォーマンスの問題です。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|経穴人形

運動量などは違えど、スポーツマンも一般の方も、解剖学上、生理学上、人間の体の構造・仕組みは、ほぼ同じです。

毎日同じルーティンでバランス良く、食事・睡眠などの日常生活や、仕事や家事、勉強などを実施することが、リズム・テンポを構築でき、疲れにくい体になっていきます。

大谷翔平選手は、なぜ故障してしまったのか? 一流選手がケガしてしまう理由とは…!?

◆目の周りにくすみがある◆冷え性である◆40歳以上

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|目のクマ

血流量の低下が原因となるケースです。

血流量が少ないところや滞っているところでは、筋肉への栄養が届きづらい状態です。

そして、筋肉内の疲労物質も排出されづらい状態になります。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|冷え性

東洋医学でいうと、気血の流れが低下したり、滞ったりする体質の人です。

気血の流れがスムーズでないので、産熱できないため、冷え性になってしまうパターンです。

血流量や気血の流れは、加齢により低下してしまいます。

体温も加齢すると低くなっていきます。赤ちゃん・乳児に冷え性がないのは、そのためです。

量よりも、質を考えろ!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|ランニングマシン1

多くの方が「筋肉を鍛えよう!」と考える人が多いです。

トレーニングをして筋肉量が多くても、スポーツをしている中学・高校の学生も、男女・年齢関係なく筋肉が攣ってしまうのです。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|変形性膝関節症 今までスポーツや施術してきた経験上、負担の少ない筋肉が攣ったことがありませんし、施術したことも会話や臨床話なども聞いたことがありません。

筋肉量も大事ですが、筋肉質も考えなくてはなりません。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|驚愕

上記のチェックで、3つ当てはまったら、要注意!4つ以上当てはまったら、攣りやすい体質認定!!です。

もちろん身体バランスが崩れると、個人により相応の筋肉に、より負担がかかります。

痛くてツラい筋肉の攣りを起こさないために、日々、体のケアをしていきましょう!

ふくらはぎが攣ってしまう7つの要因と改善法

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|信頼できる先生を知っていますか?

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村