咳・のど・風邪予防には、“かりん”! はちみつ漬けやかりん酒などで、生活習慣病予防にも効果あり!

咳・のど・風邪予防には、“かりん”! はちみつ漬けやかりん酒などで、生活習慣病予防にも効果あり!

みなさん、“かりん”を知っていますか?

“かりん”は、バラ科/バラ目の植物です。

原産は中国東部で、いつ日本に伝来したのかは不明です。

“かりん”の木はそのものが固いため、家具としても使用されます。

かりんの香りが心を安らげます。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|恋人と猫と

トリテルペン化合物という成分により、お部屋や車の芳香剤としても活用され、別名を「香木瓜」とも言われています。

とても爽やかな香りで、心が癒されます。

かりんの栄養素がすごい!

かりん自身には、果糖、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニン、アミグダリンが含まれています。

★食物繊維が豊富

100g中の食物繊維量が、8.9gあります。

これは、りんごの1.5g、パパイア(完熟)の2.2g、キウイフルーツの2.5g、アボカドの5.3gと比較しても、非常に高い数値です。

生食には向かないので、煮たり、漬けたり、かりん酒にする。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|煮込み料理1

“かりん”は身が固く、エグ味が強いため、生食はできません

砂糖漬けやはちみつ漬け・コンポートなどで、カップに漬けたかりんを入れてお湯を注ぎ、「かりんホットティー」として飲まれたり、柔らかくして食したりします。

また大人の方は、焼酎、リキュール、ホワイトリカーにて「かりん酒」として飲むことが一般的です。

漢方の原料としても、使用される。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|白衣女子

漢方でも、『木瓜(もっか)』と呼ばれています。

性質は「温」、五味で言うと、「酸」に所属します。

効能として、

喉の炎症風邪予防
高血圧予防動脈硬化予防脳梗塞予防心筋梗塞予防
筋肉の痙攣下痢など

があります。

まとめ

このように、“かりん”を食すには、一手間加えなくてはならないですが、その一手間を加えただけの効果が非常に高い食材です。

これからより一層に空気が乾燥し、寒くなる季節です。

ぜひ“かりん”を食して、この冬の季節を乗り切っていきましょう!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|信頼できる先生を知っていますか?

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村