首を動かした時に、ポキっと鳴らしてしまうのはいいの?

首を動かした時に、ポキっと鳴らしてしまうのはいいの?

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

気合いを入れる時に、ドラマなどで人を殴り掛かる前などに手の指の関節を鳴らす人がいます。大概の方が同じ姿勢で疲れた時とか、首こりの人とか、首や腰の関節をポキッと鳴らしますよね。

ポキっと鳴らしてしまう方に、「なぜポキっと鳴らすのですか?」と尋ねると、「鳴らすと気持ちいいからです。」「スッキリする。」「つまっているものが解放される感じ。」と言われます。

この関節のポキッという音は意図的に鳴らす音と、自然に鳴ってしまう音とあります。

意図的に鳴らす関節のポキッという音

関節のポキッという音のことを、「クラッキング(Cracking)」、「関節内軋轢音(かんせつないあうれきおん)」といいます。

関節を鳴らすためには、関節を自分や他人の力で、ある位置から一気に力を加えて鳴らします。続けて鳴らすことはできません。痛みをあまり伴わず、炭酸のジュースの栓を開けたような感じです。

関節が鳴る理由は、諸説ありますが、キャビテーション(Cavitation)説」が有力です。

関節は骨と骨の間にできるわずかな空間があるために、骨が動くことにより関節の部分が動き、曲げ伸ばしが可能となります。関節を動かすことにより、関節腔自体が強制的に大きくなります。

関節腔には関節液が満たされています。その関節腔の圧力が急激に下がり、真空に近い空間が強制的にできます。

関節液に溶けていたガスが気化して気泡が発生、関節腔に溜まった気泡が大きくなり、移動した時に弾けた音が出るのです。

勝手に鳴ってしまう関節のポキッという音

また股関節や膝関節に弊害がある人はまた違う鳴り方をします。

この場合、関節を勢いをつけずに自分の力で一定に動かした時にでも鳴ってしまいます。

また一回だけでなく同じ様に関節を動かす度に、何回でも音が鳴ってしまいます。動かすと痛みを伴うこともあります。

関節が鳴ってしまう理由としては、実際に物同士がぶつかったり、擦れたりする時に生じる音なので非常に問題です。

特に関節が変形している人の場合、鳴ってしまう確率が非常に高いです。関節軟骨が磨り減ってしまっているため、痛みを発症してしまうことが非常に多くあります。

また体重のかかる股関節や膝関節だけでなく、肩関節でも同様なことが見られるので、注意が必要です。

その中でも首が大変危険です!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|猫背パソコン

みなさんが意図的に関節を鳴らしてしまう部位として、非常に危険な部位が頚部(首)です。

首は頚椎をいう小さな骨の組み合わせで、脳と体幹・四肢をつなぐ大事な部分です。頭の重さが6〜9kgといわれています。

立位を取る人間にとって、首には絶えずその重さを支えている訳です。スマホやタブレット・PCなどの使用頻度が高い、デスクワーク、猫背の人なら、なおさら負担が増します。

その負担に加えて、首を鳴らすために負荷をかけると、骨、関節、筋肉、神経、血管などのにより負担がかかります。

以前にとても有名なプロレスラーが、頭からマットに叩きつける技をかけられた時に、その技がきっかけで死に至ってしまったケースがあります。

それだけ首は、とても重要な部分なのです。

「首を動かすと関節が鳴る。」ということは、首自体に何かの問題が生じている証拠です。症状が起きていなくても、これから起きてしまう可能性があります。

頚部(首)の関節は、鳴らさない方がいい。

意図的に「頚椎(首)をポキッと鳴らすと気持ちいい!」という気持ちは分かりますが、意図的に頚部(首)を鳴らすことは止めた方がいいです。

もし頚部(首)の筋肉が硬くなり、疲れを感じていらっしゃるのであれば、肩甲骨を大きく回したりして大きく動かしたり、首の付け根をシャワーで温めながら水圧で筋肉をほぐすのが効果的です。

また外後頭隆起、両肩関節後面、背部、臀部、踵を壁につけた状態で、上から操り人形のように吊られているイメージで、頭頂部を上に伸ばしていくようにゆっくりとあごを引きます。

そうすると首のインナーマッスルを伸ばしていきます。(首に痛みが出現する場合や増悪する場合は中止してください。)

私も施術している上で、首の症状でお悩みで苦しんでらっしゃる患者様が大変多いです。頚部の関節などを労ることはとても重要です。

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村