自分のために、誰かのために健康管理 一日に7分間の健康セルフチェック!

自分のために、誰かのために健康管理 一日に7分間の健康セルフチェック!

みなさんは【健康管理】に、一日どのくらいの時間を使っていますか?

テレビや雑誌など、毎日どこかで健康について、情報を目にしたり、耳にしたりしています。

健康診断・ロゴ

多くの方は健康診断を受けられる回数が、年に1回ないし2回。つまり、半年〜一年間の周期です。

目覚し時計・12時

若い時の一年間と、年齢を重ねてからの一年間とでは、健康時計の進み方が異なります。

この間隔の中で、食事の不摂生・運動不足・ストレスなどで急速に健康を害してしまい、検査結果の数値が思わしくなく、判定がDまたはEランクの要再検査に…。

再検査でも数値が思わしくない場合は、経過観察ではなく、即治療になってしまう可能性があります。

一日に7分間でできる健康セルフチェック!

 砂時計

◆体温測定(30秒)

体温計

病院や医院、会社などで受けられる“健康診断”・“健康チェック”では、必ず体温は計測します。

最近の予測式の体温計では、最短10秒で計測できるものもあります。その他の体温計でも30秒以内で計測できるものが多いです。

毎日体温を計っておくことで、自分自身の平均体温の値(基準値)が算出できます。

「あれ、熱っぽいかな?」といった、ちょっとした体調の変化に、自身の平均体温と比較できるため、すぐに対応できます。

◆血圧・脈拍数(60秒)

手首式血圧計

血圧脈拍数も手首や上腕にて、手軽に計測できます。

毎日計測することにより、平均値が算出されます。

一般には、最高血圧:140/最低血圧:90が、高血圧といわれるかいわれないかの境界線です。

肩こり・首こりの黄信号はこれだ!

ご家庭で計測する際は、緊張の度合いが低くなるため、それぞれ5を引いた数字最高血圧:135以上/最低血圧:85以上の数字になったら、高血圧に要注意です。

◆体重・体脂肪率(30秒)

リバウンド

体重体脂肪率の計測は、メタボリックシンドロームの予防に関係します。

最近の体重計は簡単に体脂肪率を計測できるものもありますし、体脂肪率が分かると、およその筋肉率が計算できます。

メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームにならないために、“筋肉率”をチェックしましょう!

ランニングマシン1

その日、その日で体重が変化しますが、仮に体重が増えた時には、食事量や運動量で減量がしやすくなります。

あるCMで、「古くなった脂肪は燃えにくい!」という、キャッチコピーがあります。

「鉄は熱いうちに打て、脂肪は古くなる前に燃やせ!」体重維持・健康維持の合い言葉です。

鍼灸マッサージは“ダイエット”に効果があるの? この夏に中年太りやぽっこりお腹を改善させよう!

◆食事のチェック(60秒)

大きく食べる

前記述の体重・体脂肪率にも、影響します。

一日に食べた量を、一日で消化することが理想です。

消化できなかったカロリーは、体へ残ります。積もり積もってしまうと、体への負債なってしまい、体内に脂肪として残ります。

悩む・思い出す

よくテレビなどで、「一昨日、食べたものは何ですか?」と聞かれると…、

「う〜ん。」と考えられた後、答えられない場合があり、食事に対しての意識が薄い方もおられます。

“量”や“栄養バランス”を見直すためにも、食べた物を書いておくと、体調・体重と照らし合わせることができるため、改善・解消するための対応策が出てきます。

◆便のチェック(30秒)

洋式トイレ

便は食事で口から入った物や水分などが、消化・吸収された後に出てくる物です。

つまり、通常であれば

食事・水分摂取量−体内への消化・吸収量−汗や呼吸などの不感蒸泄量=小便・大便の排泄量

となります。

頻尿・おじいちゃん

なので、排泄回数が重要な数字です。個人差がありますが、一般的には小便は5~7回(うち、夜間が0~1回)、大便は1回が目安です。

生活環境や精神的なストレスなどにも影響を受けるので、一口メモを添えるといいと思います。

小便の量は水分の摂取量によりますが、約1.5lが平均値です。

心因性の場合を除き、色・量・臭いなどに異変が出てきたら、それまでに通ってきた臓器や器官に、何らかの問題が生じている可能性があります。

むくみが出始め、全身のだるさなどが出てきたら要注意です。

BBQ(肉)

特に大便は、形も含めて、確認することをおススメします。

野菜やヨーグルト、食物繊維の摂取量が少ないなど腸内環境が思わしくない方、普段から肉食が多い方は特にご注意ください。

自分の体から出てくる物なので、小便も大便器で排泄し、すぐに流すのではなく、自身で常に確認してから流すようにしましょう。

◆運動・活動量チェック(60秒)

活動量計

一日の運動量を確認し、消費カロリーを確認してみましょう。

最近の活動量計、スマホは精度が高いため、歩数消費カロリー消費脂肪量などが、計測され表示されます。

無理に運動しなくても、「○○の掃除をした。」「××に出かけた。」と書くだけでも違います。

日常生活での家事、買い物、通勤・通学などの体を動かした記録を残すことで、生活スタイルが見直せます。

◆睡眠時間・質のチェック(60秒)

仰向け

睡眠は体だけではなく、精神的なものも作用します。

「入眠前にテレビ・パソコン・スマホ画面を見る。」、「ストレスや悩みがある。」、「恋をしている。」だけでも、すぐには寝付きにくくなるものです。

疲れ

また【睡眠負債】という言葉も、今年の「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語の一つにあげられました。

健康に関する番組や雑誌などでも多く取り上げられ、能力低下や病気の危険性にとって重要なキーワードです。

また年齢を重ねてくると、夜にトイレに行かれることもあります。この問題も睡眠に関連してしまうので、治療・施術など対処が必要です。

寝付きから起床まで、「一度も目が覚めなかったのか?」「寝起きがすぐに目が覚めたか?」「夢は見たか?(東洋医学でも重要な問診事項です。)」など、睡眠の質を記録してみましょう。

◆舌の状態(30秒)

舌診で舌の状態をチェックする

東洋医学でも舌の状態(色・形・苔の状態など)は、病証を診断する判断材料です。

体で何かが起こっているからこそ、体に反応が出ているのです。

舌ブラシ

口臭の原因である舌苔も、舌ブラシ等で除去される方がいらっしゃいますが、舌苔の有無・厚薄・色もその人その人の体調・体質で異なります。

舌苔を舌ブラシで落とす前に、確認する事をおススメします。

みなさんも鏡で舌をチェックしてみましょう!

毎朝、舌をチェックして、身体の状態を把握しましょう!

一日7分間の健康チェック時間は、一年間でどのくらいかかる?

掛け時計1

一日、7分間セルフチェックを実施すると、

 

7(分)×365(日)=2555(分)=約42.58(時間)=約1.8(日)

 

になります。

この時間が多いのか、少ないのかは個人差にもよりますが、一日に7分間でも、自分の健康を考えられる時間は必要なのではないでしょうか。

パソコンができる方は表計算に入力して、自分自身の健康平均値を出してみよう!

検索

数字を入力することで、平均値を簡単に出すことができます。

今まで上記した中でも、数字で表せる事項をまとめると便利です。

“項目”は天気、気温、体温、最高血圧・最低血圧、脈拍数、体重、体脂肪率、便の回数、歩数、消費カロリー、消費脂肪量、睡眠時間、一口メモの14項目が基本です。

『継続は力なり。』という言葉があるように、何でも続けることはエネルギーも必要です。全ての項目ができなくても項目数を減らし、継続できる範囲の中で、記録をまとめられることが大切です。

驚き

表計算にまとめることで、今まで過ごしてきた健康状態やスタイルがすぐに分かりますし、医療機関などを受診される時に提示することで、さらにより良い治療・処方を受療できると思います。

あなたに関係のある、全ての人のために!

恋人と猫と 『健康であれば、何とかなる。』私も出会ってきた方々から、教えていただいたご経験談です。

いい仕事をするためにも、スポーツ等でいい結果を出すためにも、筋力アップなどの「体力作り」をされる方も、まずは「健康管理」・「体調管理」が整っていることから始まります。

勉強中の女性

自分自身の体をチェックし、食事、運動、体の治療・施術・ケア・メンテナンスなどに自己を投資をすることで、健康を維持させたり、病気・症状を最小限に留める事は可能です。

あなたの健康・体調への意識・行動は、
ご家族ご親族お友達お仲間恋人会社関係などお仕事に関係する方々お客様ペットなど
にも関わることです。

今からできること、できるところから、始めていきましょう‼︎

信頼できる先生を知っていますか?

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村