鍼には、17種類の技がある! それぞれの技術と刺激の強さで、お悩みの症状を治療します!

鍼には、17種類の技がある! それぞれの技術と刺激の強さで、お悩みの症状を治療します!

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする。
八王子の必殺仕事人こと、小さな鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

先日、患者様を鍼治療している時のことです。

鍼治療の過程で、身体に鍼が刺さっている状態で、鍼を動かしたり、鍼先を変えたりすることがありました。

施術箇所が腕であり、患者様が目で見える箇所だったため、鍼の向きや角度が変わったのを見ながら、お話しされました。

「鍼の向きって、(刺したまま)変えられるんですね。一度鍼を抜いて、違う鍼を刺し直さないんですね。」

腰痛鍼治療

このケースの場合、刺入してある鍼を抜いて、別の鍼をもう一度刺しなおすよりも、刺入してある鍼の向きをいろいろな方向へ調整することで、(以下の技の説明[P:刺鍼転向法]で出てきます。)術者が鍼先を刺入したい目的位置に的確に定めることができます。

以前のブログでも書かせていただきましたが、鍼先の位置が最も刺激が強い部分であり、目的の筋肉の位置に合わせて刺入していきます。

痛みなどの治療では、鍼先の位置を変えることにより、患者様がお体の中でその鍼に対しての感じ方が変化するので、反応をお聞きしながら、鍼先の位置を変える場合があります。

鍼治療は“刺して、抜くだけ”と、思っている方はいませんか?

確かにその方法もありますが、鍼の基本技は17種類もあります。

鍼灸師は患者様のお悩みの症状やお身体の状態、その日の体調などにより、実施する方法を変えながら施術しています。

ここでは、その17種類の技の紹介と、私自身がそれぞれの手技を受けて感じた刺激の強さを、主観的に★の数(弱:★〜強:★★★★★の5段階)でご紹介します。

鍼灸マッサージ師

鍼の基本17種類(A~Q)

A:単刺術 ★★

単刺術

鍼を刺入していき、目的の位置に達した時点で鍼を抜いていく方法です。

単刺術は基本の技であり、鍼施術でよく使用される技法です。

B:雀啄術 ★★★〜★★★★(スピード・深さ・時間で刺激量が変わります。)

雀啄術

鍼を刺入していき、目的の位置まで達した時点で、鍼を上下に細かく動かす方法です。

雀(スズメ)が餌を食べる時に、くちばしをつつくような様子(啄む)がそのまま名称となっています。

上下動の速さと深さ、時間などにより、弱刺激にも強刺激にもなります。

C:間歇術 ★★★

間闕術

鍼を刺入していき、目的位置に達した時点で、刺入した半分の位置まで抜いて、しばらく鍼を留めます。

時間が経過したら、再び目的の位置まで刺入してしばらく留めます。これを繰り返します。

D:屋漏術 ★★★★★

屋漏術

鍼を刺入し目的位置の1/3の深さに達したら、その位置で雀啄術をします。

さらに鍼を1/3の深さ分を刺入して、雀啄術をします。そして、さらに鍼を1/3分の深さ(目的位置)を刺入して、雀啄術をします。

つまり、目的の位置までの深度を3分割に分けて、その各々の位置で雀啄術を行う方法です。

鍼を抜く際も刺した時と逆の方法で、鍼の刺入されている位置〜皮膚までの、3分の1の深さ分ずつ抜き上げた位置で、それぞれ雀啄術を実施して抜鍼します。

E:振せん術 ★★★

目的の位置まで鍼を刺入したら、鍼柄(鍼先と反対側:トップ写真の鍼の赤い部分)の部分を刺し手でつまんで、鍼を振動させる方法です。

F:置鍼術 ★★

置鍼術

1本または数本の鍼を体に刺入して、目的位置に達したら、しばらくの間留めておきます

刺入した鍼周辺の生体反応を見極めた後に、鍼を抜いていく方法です。

置鍼術も治療では一般的な方法であり、A:単刺術とともに、よく用いる方法だと思います。

私も学生時代に実技授業の時間、初めての鍼施術で自分自身の足三里のツボに鍼を刺し、この置鍼術を行いました。

G:旋撚術 ★★★★

鍼の刺入時または抜鍼時に、鍼を90°〜半回転ずつ交互に捻りながら行う方法です。

H:回旋術 ★★★★★

回旋術

左方向または右方向のどちらか一方向に鍼を回しながら刺入する、または目的の位置にて鍼をどちらか一方向に回す方法です。抜鍼時には反対方向に回します

I:乱鍼術 ★★★〜★★★★★(実施する手技により、変化します)

一定の方式に従わず、数種の手技を併用する方法です。

J:副刺激術[気迫法] ★★★

目的位置に刺入した鍼の周囲の皮膚を、鍼管または指頭で叩き、振動を与えて響きを与える方法です。

K:示指打法 ★★★

示指打法

鍼を目的位置の深さに刺入します。その鍼に鍼管をかぶせます。その鍼管の上端を指腹で軽く叩きます

L:随鍼術 ★★

患者様の呼吸に合わせて、刺鍼時は呼気時(息を吐いている時)に刺入し、吸気時(息を吸っている時)に止めます。

抜鍼時は逆に、吸気時に鍼を抜いて、呼気時に止める方法です。

M:内調術 ★★★★

内調術

刺入した鍼の鍼柄を鍼管で叩打して、鍼体に動揺を与える方法です。

振動を伝えるだけなので、あまり強くは叩きません。

N:細指術 ★★

切皮 2

刺鍼しようとする皮膚部位に対して、弾入だけを何回も繰り返して行う方法です。別名を「散鍼術」とも言われています。

刺激量に敏感な患者様などを中心に、この細指術(散鍼術)だけでも、ツボを刺激することができ、体の緊張がほぐれることから、施術や治療に使用します。

O:管散術 ★

管散術

施術部位に鍼管だけを立てて、鍼管の上端を指腹で軽く叩打する方法です。なので、鍼を使用しません。

P:鍼尖転移法 ★★★★

鍼尖(鍼先)を皮下にとどめ、押手・刺手とともに皮膚を“縦横に”、または“輪状に”移動させ、皮下に刺激を与える方法です。

Q:刺鍼転向法 ★★★★

刺鍼転向法

刺入してある鍼先の方向を変えたい時に、一度、鍼を皮下まで引き抜き、新たに方向を定めて刺入する方法です。

以上が、鍼の基本17種類です。

低周波鍼通電療法(鍼パルス)

目的の筋肉やツボに鍼を刺入し、上記のF:置鍼術を用います。

その置鍼させている鍼(2ヶ所)に電極をつなぎます。間欠的に電気を流すことにより刺激を与えて、ピンポイントに筋肉を動かしながらほぐしたり、ツボの特性を活性化させます。

当院でも、患者様のお体にお悩みに合わせて、周波数などを変えながら使用することが非常に多いです。

鍼には低周波鍼通電療法(鍼パルス)という治療法があります。

はり師は、ツボと技などで、患者さんの症状を改善させます。

鍼(切皮)

今まで鍼治療を受けられている時に、「先生が刺してある鍼を動かしているけど、何をしているんだろう?」と思われた方もいらっしゃると思います。

鍼治療は先生が患者様のお体や症状を診ながら、鍼自体の太さとこれらの手技を組み合わせて、刺激量を決めて実施されます。

みなさんも鍼治療を受療される際、ご参考にしてください。

信頼できる先生を知っていますか?

追伸

春・キャンペーン

「あなたの症状にあった症状別の鍼灸治療方法」について、ブログを書きました。

こちらも、ぜひご覧ください!

あなたの症状にあった鍼灸治療はこれだ!八王子の現役鍼灸マッサージ師が語る、症状別の治療方法

 

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

205 PV
CATEGORY :