あなたの症状にあった鍼灸治療はこれだ!八王子の現役鍼灸マッサージ師が語る、症状別の治療方法

あなたの症状にあった鍼灸治療はこれだ!八王子の現役鍼灸マッサージ師が語る、症状別の治療方法

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

みなさんは鍼灸治療を受ける際に、「先生は、どうやって鍼を使うのか、灸を使うのかを選んでいるのだろう?」と思ったことはありませんか?

一般的に鍼灸治療は、3通りの方法があります。

  1. “鍼”のみの治療
  2. “お灸”のみの治療
  3. “鍼”+“お灸”の両方を行う治療

鍼灸治療のやり方は、先生によって治療方法が異なります。鍼の太さ・長さ・本数、艾の質・灸の据え方、ツボの取り方、治療時間、料金などもほぼ全てが違うので、皆さんは不思議に感じるかもしれません。

鍼・灸 どちらも、みなさんの体のお悩みに効果があります。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|鍼灸マッサージ師

鍼灸師は四診(視診・聞診・問診・触診)により総合的に判断し、患者様のつらい症状を改善するために、ベストの治療方法を選択します。

鍼灸には治療方法が2種類! 痛みをすぐに取り去る“局所改善”の治療法と、“体質改善”を目的とした治療法。 その違いとは?

鍼も灸も、それぞれ、得意な症状がありますので、まずは大枠で選択します。

さらに症状を細かくお聞きしたり、触診で得た情報から、使う方法を取捨選択していきます。

時には、同じ肩こりでも、鍼治療ではなく、灸治療を選択する場合もあります。これは、「その日のカラダの状態が、灸治療に適している」と判断した場合です。

鍼治療があう症状はこれだ!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|鍼

  1. 運動器疾患(首こり・肩こり・肩関節痛・腰痛・股関節痛・膝関節痛など)におススメです。
  2. 深いところにある筋肉がつらい場合
  3. 痛みがひどく、早く痛みを取りたい場合
  4. 多くの刺激量が欲しい場合
  5. お顔への施術を希望される場合
  6. カラダの内面的な調整をする場合

1. 運動器疾患(首こり・肩こり・肩関節痛・腰痛・股関節痛・膝関節痛など)の方におススメです。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|OMG280130806-thumb-autox1600-22225筋肉に鍼を刺すことによって、筋肉がほぐれて柔らかくなります。硬い筋肉は血管が圧迫されています。水ホースを指でつまんでいるような状態です。

その筋肉が緩むことで、血管が元来の太さに戻り、スムーズに血液が流れます。血流量が高まることで、栄養素などが組織内の細胞に多量に送られ、疲労物質や老廃物の吸収を高めて代謝を活発にします。

また鍼治療は、筋肉などに微細な傷をつけることにより、その修復する力を利用することで、自然治癒力が高まります。

八王子市で、首こりの鍼灸マッサージ治療を受けてみたい方へ

 2.深いところにある筋肉がつらい場合

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|OMG0I9A9238280133641_TP_V体は皮膚・皮下脂肪・表層の筋肉・深層の筋肉とミルフィーユのように重なり合うように作られています。そして症状によっては、奥深い筋肉に原因がある場合があります。

例えば、坐骨神経痛や股関節疾患につながる可能性のある梨状筋は、お尻の深層に位置します。この梨状筋を緩めるために、長い鍼を用い、深く刺すことで、梨状筋を治療することができます。

ぎっくり腰・坐骨神経痛の原因は、『股関節』にある!変形してしまう前にケアしましょう!

浅層・深層の筋肉がほぐれることで、関節がスムーズに動かしやすくなり、可動域が拡大され、運動量・代謝量の増加・脂肪の燃焼につながります。

そして、動きが柔らかくなることでバランス力が増加し、転倒しにくくなったり、歩行では地面から体に都度受ける衝撃力が軽減し、関節に負担が少なく、ケガの予防にもつながります。

 3.痛みがひどく、早く痛みを取りたい場合

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|ギックリ腰に注意してください。

鍼を刺すことで、感じている痛みを和らげる効果があるため、体にかかる余計なストレスを起こしにくくします。

余計なストレスや痛みを抱えていることで、自律神経のバランスが崩れたり、精神的な疲労や血圧が高い状態のまま生活してしまうことにもつながります。

体を動かした時に痛みが生じると、患部の痛みをかばうような動きをして、バランスを崩してしまうため、別の箇所へ負担がかかり、別の箇所の痛みを引き起こしてしまうことがあります。

ギックリ腰になったら、鍼灸マッサージ治療院へ

 4.多くの刺激量が欲しい場合

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|首こり

鍼の太さが太いと刺激量が多く、細いと刺激量が少なくなります。
鍼の太さや長さは、患者様の性別・体格・部位・鍼治療の経験値・症状などにより、施術者が決めます。

深い所にある筋肉に痛みの原因があり、患部に直接アプローチしたい場合には、鍼の長さが必要なために、太さもやや太めの鍼を使用することがあります。

また鍼電極療法(鍼パルス)では、鍼に電極を流すことで負担が生じるため、やや太めの鍼を使用します。

鍼には低周波鍼通電療法(鍼パルス)という治療法があります。

5.お顔への施術を希望される場合

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|美容鍼

眼精疲労・顔面神経痛・美容など、いわゆる美容鍼と言われるお顔への鍼施術では、刺激に対して敏感な箇所なので、極々細く、短い鍼で施術を行います。

極々細い鍼は内出血が起こりにくく、患部への負担を少なくしつつ効果を引き出すことができます。

また鍼が短いのは、刺入する深さが浅いため、長い鍼だと、鍼自身の重さで、鍼がたわみすぎてしまうからです。

美容鍼って、何に効果があるの?

6. カラダの内面的な調整をする場合

八王子 鍼灸治療を受けるならもみじ鍼灸治療室|体の内面を調整する

鍼治療には、鍼を刺して、すぐに抜く「単刺法」と、鍼を刺して、その後しばらく鍼を刺したままにしておく「置鍼法」があります。

鍼治療は、鍼を微妙に操作するそれぞれの手技によって、気を補い、体の内面的なバランスを整えています。

一般的には気を補う場合は、「置鍼法」、気を瀉する(体から気を取り除く)場合は、「単刺法」を用います。

身体が元気になると、自然と笑顔になります!

私が治療した経験上、鍼治療が合っていると思う人

八王子 鍼灸治療を受けるならもみじ鍼灸治療室|気

姿勢などによる持続的な筋肉疲労の人
・運動や肉体労働による筋肉疲労の人
・運動器疾患(首こり、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、膝関節痛など)の人
・便秘気味の人
・皮膚や髪が乾燥・ぱさつく人
・就寝時に夢を見やすい人
・汗っかきの人
・赤ら顔の人
・東洋医学的に実証(体力が豊富・肩幅が広い・冷たいものが平気・筋肉質・大股歩行)の人

私が治療をしてきた中で、“鍼施術があう”と感じた症状や、タイプをあげてみました。(個人差はあります。)

患者様の体型・体質・症状などを総合的に判断して、鍼の太さや本数、鍼の手技などで適量の刺激をツボや筋肉に与え、患者様の主訴を改善していきます。

鍼治療は刺して置いておくだけではない! 鍼のスゴ技、17種類!

灸治療があう症状はこれだ!

八王子 鍼灸治療を受けるならもみじ鍼灸治療室|お灸

  1. 冷え症の方にオススメします。
  2. アンチエイジングにもオススメです。
  3. いろいろなお灸のやり方があります。
  4. お子様や、ご年配の人にも!
  5. イライラしている方、お試しください!
  6. ご自宅でもできる、セルフ・メディケーション

1. 冷え症の方にオススメします。

八王子 鍼灸治療を受けるならもみじ鍼灸治療室|良質艾・粗悪艾

お灸の温度は心地よく感じる温度での施灸方法が一般的です。昔のようにお灸の痕が残るような施灸方法は、今では行っている治療院も少なくなりました。

現代では、小指の先位のもぐさを捻って、円錐状にして皮膚の上に置き、点火した後、ツボに熱さを浸透させ、熱を感じ、患者様が我慢できなくなる手前で、取り外す手法の「知熱灸」がよく行われています。

体質的に体全体を温めてしまうと体調を崩しやすいが、冷えを感じてしまう人にとても有効な施術法です。

お灸はただ温めるのではなく、もぐさの捻り具合の硬さ・施灸数・施灸時間などで、熱量をコントロールすることができるため、のぼせにくく、効果的に熱刺激を加えることができます。

鍼灸マッサージで改善!冷え性は女性だけではない。男性も子どもたちも悩む時代です。

2. お灸は、アンチエイジングにもオススメです。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|背中に知熱灸をする女性

もぐさにはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用があります。

そのお灸による抗酸化作用には、

  • 体の錆び付き予防
  • 生活習慣病の予防
  • 白血球の増加による免疫力向上
  • 体力の増進
  • 体の老化を抑制する

などの効果があります。

またお灸は不妊症(男女)、喘息などのアレルギー疾患、逆子の治療などにも応用されています。

あなたとあなたの大切な人のために、健康寿命を延ばして、明るく元気な生活!

3. いろいろなお灸のやり方があります。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|隔物灸
隔物灸などが有名です。生姜・にんにく・ビワの葉・塩・味噌などを、皮膚とお灸の間にはさむことにより、各々の効能を得られることができます。

隔物灸のよいところは、皮膚に直接、艾を乗せないため、火傷の心配がないことです。

スーパー食材の生姜!上手に食べて、健康になりましょう!

4. お子様や、ご年配の人にも!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|子どもお灸は熱刺激が調節できるので、お子様や女性・刺激に弱い方でも、温かく柔らかいお灸(温灸など)を施術し、効果を引き出すことが可能です。

また年齢を重ねる毎に体温が低下してくるため、お灸でツボを温めることにより、病気に対する抵抗力(免疫力)が高まる効果があります。

お灸は熱い!と思っている方へ。直接灸と、間接灸の違いを知ろう!

 5. イライラしている方、お試しください!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|イライラ

お灸には、施灸時の温かさと、香りがリラックス効果をもたらします。

当院での本格的なお灸では、背中や腰部・腹部などをもぐさを捻り、温めることにより、体全体を温めることがないのが特長です。

施灸壮数・施灸箇所を選ぶことで、のぼせてしまうことがなく、自律神経を整えることが可能です。

施術中に寝てしまうくらい、気持ちのいいものです。

もみじ鍼灸治療室の治療方法について

6. ご自宅できる、セルフ・メディケーション!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|台座灸

薬局で売られている「台座灸」や「ダルマ灸」などを使い、ご自身で、手足のツボなどにお灸をして、症状の改善や維持をすることが可能です。

最近の「台座灸」は、花や、くだもの、緑茶などの香りのついたお灸もあります。
実際にお灸を体験していただいた後、患者様にご購入いただき、お灸をするツボをお伝えして、ご自宅でのセルフケアをおススメしています。

鍼灸師が語る、初めてお灸をする時の5つの注意点!

特に冷え性の方は、気温が寒くなる冬はもちろん、暑い夏でもエアコンの影響で、冷えを訴えられる方は、男女問わず、いらっしゃいます。

ご自宅でお灸をご自身でするには、「台座灸」や「ダルマ灸」などが便利です。専門的なお灸、ご自身では施灸できない背中などへの施灸は、我々にお任せください。

私が治療した経験上、灸治療が合っていると思う人

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|便秘

冷え性体質(ストレス[気]・むくみ[水]・気水混合型)の人
・ケガの後療法
・関節の症状(水が溜まっている・ねんざをした後がうずくような感じ)
・体温が低い人
・血流の悪い人
・東洋医学的に“気”の量が少ない人
・陽虚証の人
・“寒邪”が体内に入り込んだ症状(カゼ・下痢など)の人

私が治療をしてきた中で、“灸治療があう”と感じた症状や、タイプをあげてみました。(個人差はあります)

鍼+灸の合わせ技もあります!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|灸頭鍼

灸頭鍼という方法です。鍼を刺した上の部分にもぐさを刺して点火させ、鍼の刺激を受けるのと同時に、燃焼しているもぐさの輻射熱で体を温めます。

特に腰などの部位に用いる手技で、体に受ける刺激は、最強の部類です。似たような方法では、鍼を刺した傍らに「ダルマ灸」や「台座灸」を置く方法もあります。

鍼も灸もどちらも有効な方法です。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|賢い鍼灸マッサージ治療院の選び方

このように鍼も灸も、それぞれよく効く症状と、得意とする施術があります。これは治療院によっても異なります。鍼灸マッサージ治療院の賢い選び方 〜一生通える治療院と出会うために〜でも書きましたが、施術内容によっても、治療院選びは重要です。

当院でも患者様の体質・症状に応じて、鍼や灸を使い分けたり、双方を組み合わせることで、患者様にあった施術をさせていただきます。

筋肉のこりには違いがある! 鍼灸マッサージでの“こり”の解消法もタイプ別に違いがあります。

一般的には、『鍼は痛そう。』『お灸は熱そう・火傷しそう。』と、思われがちですが、決してそうではありません。どちらも患者様の症状や体質に合わせることで、効果が表れやすい施術法です。

“セルフ・メディケーション”と言われている現在、鍼灸治療は副作用がなく、体にやさしい治療法です。

『鍼と灸どちらがいいのかな?』『鍼灸受けてみたいんだけど…。』と不安だったり、悩まれているなら、お気軽に相談してみてください。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|信頼できる先生を知っていますか?

【追伸】
鍼灸師は治療や施術の時に、鍼・灸それぞれの刺激量をどのようにして決めているのか?
八王子の鍼灸マッサージ師がお答えします!
ぜひご覧ください!

八王子の鍼灸あんま師が語る 鍼灸治療の方法から分かる!体質と体調について!

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

799 PV
CATEGORY :
TAG :