筋力以外にも必要なのは、バランスと柔軟性!機能訓練指導員だったからこそ分かる体への負担!

筋力以外にも必要なのは、バランスと柔軟性!機能訓練指導員だったからこそ分かる体への負担!

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

最近、年代別の基礎体力が向上しているというニュースを聞きました。

私は、特別養護老人ホームや、デイサービスで機能訓練指導員として、従事していたことがあります。

高齢者の筋力アップ・維持は、日常生活動作のパフォーマンスを向上させ、骨折の防止、転倒などの事故を未然に防ぐ意味でも、とても重要な課題でした。筋力アップに必要な要素とはなんでしょうか?

1. 関節の可動域の維持・増加=動かせる範囲を広げる

腰曲がり・おじいさん

膝が、完全に伸びずに、立っているおじいさんを想像してください。

膝関節が関節可動域が狭くなり、完全に伸展できない場合、立っている時に膝が前に出るため中腰の状態になります。

この体勢は下肢の筋肉の負担がより大きくなるので、長時間立っていられなくなります。

その状態が続き、長時間立てなくなると、筋力も低下するため、ますます立てなくなってきます。

さらに動かさない状態で、余計に筋肉を使わないと、筋肉は硬くなり、さらなる関節の可動域の縮小、関節の動きが硬くなります。
最終的には動かす筋力はあっても、生活動作をすること自体が苦しくなってしまうのです。

2. 筋肉の柔軟性=しなやかな動き

筋肉は運動や転倒による衝撃を吸収しますが、硬くなると吸収力が低下します。

子供の頃は転んでも痛くて泣くことはありますが、骨折する可能性は少ないです。

筋肉が柔らかいため吸収力も高いので、衝撃が緩和されます。

いつのまにか骨折になる前に鍼灸マッサージでケアしましょう。

筋肉が硬くなってしまった場合、衝撃力が大きすぎるために、緩和されずに骨まで伝わり骨折を起こしてしまうのです。

年齢を重ねて骨折してしまうのは、骨自体が弱くなっていることはもちろんありますが、この衝撃の緩和力の問題が非常に大きいのです。

また転倒をしなくても、硬い筋肉が付着する骨や、動かされる関節にもその影響が及ぼされます。

筋肉が硬いと、ポンプ作用も低下するため、血液の流れも低下してしまい、ケガの修復が遅れたり、むくみも助長されてしまいます。

3. バランス力=身体面と精神面の調和

体の内面を調整する

精神面でのバランスは、気持ちよく機能訓練に取り組んでいただくことです。気分が良い状態だと体は気持ちと順応するので、気持ちよく前向きに行うと身体能力が維持・向上します。

気持ちが乗らないと運動も中途半端になり、身体能力も良くて維持しますが、多くは低下してしまう場合が見受けられます。

その人にあったメニューを組み立て、実践、評価してくことがカギであり、それを見抜くのが機能訓練指導員の役割です。

転ぶ子ども

身体面でのバランスは、姿勢が悪くなると体を支える筋肉と動かす筋肉に偏りが生じてしまい転倒のリスクが高まります。

つまり、動かす筋肉を鍛えても、支える筋肉が鍛えられていなければ、芯が無い状態であるため、鎧を着た子供のように動くとフラツキが起こってしまいます。

動きが大きくなるので芯が大きく動くことになります。

例に挙げるとおもちゃのコマと同じで軸がしっかりすると中心からぶれる範囲が少ないですが、芯がぶれるとコマが大きく動いていずれ倒れてしまいます。

これでは日常の生活にも活かせないですし、転倒を助長してしまう要因になりかねません。

体力維持するために、体のケアはとても必要です。

kaigo_rehabilitation

自分が行っていた頃の特別養護老人ホームやデイサービスの機能訓練では、筋肉のストレッチとサーキットトレーニング・日常の基本動作練習です。

時間にして20分程で、マンツーマンです。ストレッチは7〜8分程、サーキットトレーニングと日常の基本動作練習が残りの時間で行っていました。

ストレッチは筋肉が伸ばせる所からほんのちょっと伸ばすことで、関節の拘縮予防とケガの予防・運動機能向上(筋力向上・筋肉の柔軟性獲得・バランスの能力向上による)が目的です。

サーキットトレーニングは自重運動のみです。マシンを使うと筋力はつきますが、生活の動作に応用するために、さらに時間を加えて基本動作をしなければならないので、時間がかかります。

疲労するとその日の生活動作のパフォーマンスにも関わる方々なので、短時間に集中して実施します。

自分の体重を活用できるようにメニューを組み、日常生活にいかせる運動と転ばないような体の動かし方を何回も何回も繰り返します。

その際にバイタルを計りながらその日の体調に合わせて回数を決めて、筋力と心肺機能の維持・向上を目的に実施・評価します。

そして何よりマンツーマンだからこそ、体の使い方のクセだったり、体調の変化が把握でき、効果が上がるのです。

1対1で行うことで機能訓練に集中できるので、機能訓練での事故などの危険なことも無く、モチベーションが上がり、生活への活力となるため相乗効果になります。

その他の運動はワーカーの方が外に出て散歩をされたり、生活フロアなどで、アクティブなレクチャーを行っていただき、体力維持やストレス解消などを目的に努めていただいておりました。

体力を維持するためには、筋力も非常に重要な要素です。しかしその筋力をいかに効率よく使うことができるのかが重要です。

筋力を必要以上に使うと、筋肉に余剰な負担をかけて疲労を溜めてしまいます。

例として、「運動の方法に無駄がある。」「転びそうになると体に力が入ってしまう。」ことが上げられます。

また筋力の他にバランス能力を高めることにより、「転びづらくなる。」、「筋肉の偏りを少なくなる。」「余計な筋力を使わないようになる。」ことが可能になります。

以上のことからも『体を鍛えること』と『その鍛えた体の使い方』と『その鍛えた体のメンテナンス』の3つが重要なカギになります。

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

259 PV
CATEGORY :