冬至は「ゆず湯」と「かぼちゃ」だけではない。“占い”をするのに適した日です!

冬至は陰陽五行論において、一番『陰』が極まる日です。東洋占術も東洋医学と同じで陰陽五行論を用いることから、冬至の日が“0(ゼロ)地点”となります。翌日から徐々に『陽』が高まっていくこともあり、占う日に適しています。