眼精疲労・ドライアイ・花粉症などの方々へ、目薬の点眼をもっと効果的にする方法

眼精疲労・ドライアイ・花粉症などの方々へ、目薬の点眼をもっと効果的にする方法

鍼灸マッサージ師がおススメする、より効果的な目薬の点眼方法をご紹介いたします。

子ども

より効果的な目薬の点眼方法

1 目薬を差す。

2 睛明(内眼窩と鼻骨の間の陥凹部)のツボを、眼球に触れないように、同側の手の中指先で鼻骨に向かって、1分間押圧する。

3 全ての点眼が終了後、魚腰(瞳孔の直上、眉毛の中間の陥凹部)と太陽(眉尻と目尻との間で、3cm後方の陥凹部)のツボを、同側の中指先で内側に向かって、1分間押圧する。

以上がおススメな目薬の点眼方法です。

目薬

睛明(内眼窩と鼻骨の間の陥凹部)のツボを1分間押圧する理由

目薬

目薬を点眼した時に、その薬が鼻の方に伝わってしまう場合があります。

睛明のツボを押圧することで、目と鼻を結ぶ涙小管を押さえることができます。結果、目薬が鼻の方向へ伝わっていくことを防ぎ、目の中で留めることができます。

睛明のツボは、眼球に触れないように中指をツボにあてます。鼻骨に向かい内側やや下方向に軽く押すことがポイントです。

1分間の押圧後に、まぶたを閉じた状態で薬を馴染ませるように、眼球を上下・左右・回転運動させることが効果を高めてくれます。〔複数回に目薬を刺す場合は、点眼するごとに押圧した後、眼球を動かす。〕

睛明というツボは・・・

睛明とは、【睛】とは目と旧字体の“青”を組み合わせた漢字です。【明】はハッキリと言う意味を表します。

目が良くなると“青”という色がハッキリと認識できます。澄み渡る「空」や「海」の色が“青”であるのも、これ以上にないくらいの自然界の産物です。

青空と海

そして、『進んでもよい。』と表記される“青”信号は世界的に使用されています。

首こり・肩こりの青信号はこれだ!

古来、も青の部類に属し、木々の葉の色などを見ると精神的にもリラックスできます。この事からも“青”という色は、人間にとって、大変に重要な色なのです。

魚腰・太陽というツボは・・・

魚腰・太陽というツボは奇穴という分類になります。奇穴とは、先人達が鍼灸治療などにおいて、試行錯誤のもと、特に効果が高く表れたツボです。

鍼治療でも、睛明・魚腰・太陽は眼精疲労や眼疾患に効果が高く、よく使用するツボです。

美容鍼

 

春から夏の季節は、目に対するケアがカギ!

紫外線・日差し

東洋医学にも使われる陰陽五行論の考え方において、[目][風]は、春の季節と深い関わりがあります。

『風は吹けば、桶屋が儲かる。』という言葉があります。道路整備が整っていない時代に、風が吹くことで砂嵐がおき、その砂やホコリが目に入ることで、盲目になってしまう人も少なくなかったと聞きます。

現代においても、風が強く花粉などが舞う春の季節や、紫外線量が一番強くなる初夏の時期にかけて、目に対するダメージは非常に大きくなります。

花粉症や目の充血、白内障やドライアイのケアなど、目薬を点眼するだけでなく、ツボを押圧する眼球運動を行うことで、より効果的に目を守りましょう。

信頼できる先生を知っていますか?

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

469 PV