COVID-19 新型コロナウイルス対策 マスクをしていたら表情筋よりも、咀嚼筋(顎関節)に気をつけろ!【番外編】

COVID-19 新型コロナウイルス対策 マスクをしていたら表情筋よりも、咀嚼筋(顎関節)に気をつけろ!【番外編】

皆様の元気と笑顔をサポートする、鍼灸マッサージの必殺仕事人こと、もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

前回までは、咀嚼筋と顎関節の重要さについて書きました。

今回は、その番外編です!

マスクをしていても、これに気をつけろ!

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|だるい女性

咀嚼筋がうまく使えない人は、口呼吸の割合が高くなります。

筋肉は縮むことで、関節が曲げ伸ばしされます。

よく噛んで食べる

咀嚼筋が縮むと、物を噛む動作に、表情筋は唇を合わせる動作になります。

表情筋・咀嚼筋などの筋肉量の低下や質が硬くなることで、口を開けている状態が長くなるからです。

その他の口呼吸の原因

◆花粉症などのアレルギー症の人

花粉症

◆鼾をかく人

いびき

◆スマホ等に熱中する人

スマホ|熱中

そして・・・

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|首こり

首の筋肉の状態や、頚椎のバランスの問題もあるので、検査・診察・治療などが必要です。

その他が原因でも、口呼吸になりやすくなります。

口呼吸の弊害

患者様に選ばれる理由

口呼吸は、

★鼻閉
★歯並び
★気管支喘息
★扁桃炎
★集中力低下
★精神疾患
★ドライマウス
★誤嚥性肺炎

などを引き起こす原因にもなります。

マスクは安全か?

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|治療ってどのくらい通えばいいの?

マスクといっても、完全に新型コロナウイルス(COVID-19)を防げるとは限らないと思います。

コロナウイルス|covid-19

ウイルスはとても小さく、50~200nm(ナノメートル)ほどの大きさです。
ちなみに細菌の大きさが、約0.1μm(マイクロメートル)です。
レベルが違います!
※1nm=0.001μm=0.00001mm(ミリメートル)です。

香港の動物を使った不織布マスク(日本でいう「使い捨てマスク」の素材)を使用した研究でも、感染率は0になっていない報告です。

検査|検体採取

今回、マスクをしていなかった人が感染率が高いのかというと、まだ症状が出ていない多くの人が検査もしていないので、どうなのかは不明ですし、

ウイルス|マスク|通過

表題のように、しっかりとマスクは着用していたのにも関わらず、新型コロナウイルスに感染してしまった人(症状としては現れない)が、いるのかもしれません。

「マスク」の着用は予防の全てではなく、他人にウイルスを移してしまう率が低いので、自分自身の感染が不明である以上、エチケット&マナーです。

また、着用した方が罹患率が低下するので、自己予防策の一つとして考えた方が良いと思います。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|看護士|ワンポイント

あなたのマスクの内側、口呼吸になっていませんか?

マスクをしたら表情筋よりも、咀嚼筋(顎関節)に気をつけろ! 初回はコチラ!

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村