COVID-19 新型コロナウイルス対策 表情筋よりも、咀嚼筋(顎関節)に気をつけろ!①

COVID-19 新型コロナウイルス対策 表情筋よりも、咀嚼筋(顎関節)に気をつけろ!①

皆様の元気と笑顔をサポートする、鍼灸マッサージの必殺仕事人こと、もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

東京も新型コロナウイルス(COVID-19)の緊急事態宣言が解除になりそうな状況まできました。

しかし、

マスク-ブロック

まだワクチンも治療薬も無く、海外では都市封鎖・感染が減少していない地域があります。

これからも新型コロナウイルス対策はじめ、花粉症・インフルエンザ対策に、マスク着用は効果的です。

マスクをしていることもあり、口周りの筋肉への意識が重要です。

radio

先日、ラジオでも放送されました。

表情筋も重要なのですが、咀嚼筋の方が、より重要と考えます。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|治療ってどのくらい通えばいいの?

その理由とは、何でしょうか?

咀嚼筋とは・・・

噛み締める食事

働きは「下顎骨(下顎の骨)の運動」に関わる筋肉の総称です。

食事の時に食べ物を噛む際に使う筋肉です。

解剖学的には、咬筋側頭筋外側翼突筋内側翼突筋の4つで構成されます。

フェイシャルマッサージ

咬筋側頭筋は、外側から触れることができます。

外側翼突筋内側翼突筋は、表情筋よりも内側にあり、インナーマッスル触ることができません

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|大食い

最近の食事形態は柔らかい物が多く、噛む回数が減ります。

そのために咀嚼筋の筋肉量が低下したり、質が硬くなっていく=咀嚼筋がうまく使えていない、または発達していないことが問題なのです。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|ほうれい線

そして、その状態が続くと、表情筋も同様になっていきます。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|二重アゴ

血行不良や皮膚の質の低下などにより、顔のシワ・タルミ・ムクミの、美容の“3大老け顔症状”になっていくのです。

すなわち

顔面鍼

表情筋のアプローチよりも、咀嚼筋のアプローチをすることが重要です。

逆を言えば、表情筋が硬い人で、咀嚼筋が柔らかい・良い状態の人は、先ず、いないでしょう。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|和食・一汁一菜

硬・柔を含め、色々な食材を食べていれば、切り方にもよりますが、口の動き方・強さが変わっていきます。

消化液である唾液も滲出して、胃や腸にかかる負担を軽減できます。

八王子 鍼灸を受けるならもみじ鍼灸治療室|看護士|ワンポイント

これが“食事トレーニング(食トレ)”です!

次回は、これまで数多く書いてきた【噛み合わせ編】です。

COVID-19 新型コロナウイルス対策 表情筋よりも、咀嚼筋(顎関節)に気をつけろ!②

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村