よく目や耳にする“自律神経”とは何?ストレスでも腰痛になる時代!

よく目や耳にする“自律神経”とは何?ストレスでも腰痛になる時代!

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

よく「自律神経の乱れ」「自律神経のバランス」といった言葉を目や耳にすることがあると思いますが、どのようなことなのかココでまとめてみたいと思います。

自律神経とは?

末梢神経です。末梢神経とは脳・脊髄から全身に向かって出ている神経です。役目としては、平滑筋・心筋(ともに不随意筋)、分泌腺などを無意識に制御している神経です。

  • 平滑筋は、腸などを動かす筋肉です。
  • 心筋は、心臓を動かす筋肉です。
  • 分泌腺は、汗腺、唾液腺、皮脂腺、前立腺などの外分泌腺と、ホルモンなどを分泌する内分泌腺

 

に分かれます。

どれも自分の意思とは関係無しに、動いていたり、分泌されています。

自分では制御できないシーソー現象です。

自律神経は交感神経副交感神経に分けられます。

交感神経は緊迫した場面や活動的な場面で優位に働き、副交感神経はリラックスした時や安静時に優位に働きます。

交感神経優位副交感神経優位違い以下の通りです。

交感神経優位 項目 副交感神経優位
緊張・活発 精神状態 休息・安静
拡大 瞳孔 縮小
粘液性の唾液 唾液 漿液性の唾液
激しい 呼吸 おだやか
鳥肌が立つ(立毛筋) 皮膚
増大 心筋の収縮力 減少
増加 心拍数 減少
上昇 血圧 下降
上昇 血糖値 下降
抑制 消化機能(胃腸など) 促進
抑制 蠕動運動(胃腸など) 促進
弛緩・尿を溜める 膀胱 収縮・排尿
血管収縮(射精) 生殖器(男性) 血管拡張(勃起)
子宮が縮む 生殖器(女性) 子宮が弛緩
アドレナリン、ノルアドレナリン 神経伝達物質 アセチルコリン

このように交感神経と副交感神経は互いに相反する働きなので、シーソーのような状態です。

このシーソーのバランスが乱れている状態が、“自律神経の乱れ”なのです。

鍼灸マッサージは、その“自律神経の乱れやバランス”を整えることができます。

患者様の多くは交感神経優位になっている状態です。つまり、緊張した状態や活動的な場面などでのお体のまま、スッキリと戻せられていない(整えられていない)状態なのです。

一つの大きなストレスでも、小さなストレスが積み重なっても、一度リセットをしない限り、お体の状態が交感神経優位になり続けてしまいます。

この状態が非常に問題なのです。

ストレスがない生活が無いくらいの現代社会において、そのストレスで自律神経失調症ストレス性腰痛などの疾病の原因となってしまうほどです。

自律神経失調症も今では小学生でも発症してしまう時代となり、老若男女関係ありません。

成長ホルモンの分泌低下により、子どもの場合には発育、集中力・やる気の低下にも関連しますし、大人にも疲労やケガの回復、疾病の抵抗力、生活習慣病、アンチエイジングなど代謝に影響するため、全身に影響を及ぼしてしまうことが非常に問題なのです。

みなさんも自律神経のバランスを整えて、心と体を大切にしていきましょう。

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

486 PV