緊張しがちなあなたへ、素敵な笑顔と滑舌でプレゼン・面接に効果があるツボ

緊張しがちなあなたへ、素敵な笑顔と滑舌でプレゼン・面接に効果があるツボ

鍼灸マッサージを通じて、皆様の元気と笑顔をサポートする、八王子の必殺仕事人こと、鍼灸マッサージ治療室 もみじ鍼灸治療室院長の小町です。

先日もフィギュアスケートの選手が、耳を引っ張ることで緊張から解き放たれ、落ち着いて演技ができるというシーンをテレビで目にしました。

どの人も緊張する場面に立たれたことはあると思います。この緊張をほぐしたい時に効果のあるツボがあります。

ツボの名は…。

聴宮マッサージ

“廉泉”です。

“廉泉”は顎とのど仏の間にあります。(正確には首の前側、正中線上、喉頭隆起上方、舌骨の上方陥凹部)

1)両肘関節を机の上に置き、両手の四肢を握り両親指を立てた状態指と手根を合わせます。

2)両人差し指の第二関節を下唇の真下に持っていくように顎に付けて、両方の親指は伸ばしたまま、顎の下側からのど元に向けて、気をつけながらゆっくりと滑らせ行き、止まった所が“廉泉”です。
※喉に突き刺さらないように、ご注意ください。

3)ゆっくりと上顎に向けて、極軽く押してください。
眼を閉じながら押圧すると、より効果的です。
実施される際には、十分に注意し、安全に配慮しながら、実施してください。

“廉泉”は舌に関する症状に効果のあるツボです。

舌診で舌の状態をチェックする

舌は東洋医学でも「心」に属しているため、“廉泉”をゆっくり極軽く押圧することで、精神的に落ち着かせる効果があります。

そして、舌の動きにも効果があるということは、滑舌が良くなり話しやすくなります。

お仕事での大事なプレゼンテーションや、筆記試験入学試験・入社試験の面接など多くの場面にて、緊張してしまうことがあると思います。このような時に事前に行ってみてください。

http://acupuncture-massage.com/check-on-tongue/

あなたの笑顔と首元を美しくさせるためのセルフケア

美肌チェック親指を“廉泉”の位置から顎の方へ引くと、顎の骨(下顎骨)が親指で確認できます。

そして手の位置を変えずに、首を左右にずらしながら、下顎骨に沿って親指と人差し指で挟むように左右の耳の下まで、ゆっくり軽く押圧していきます。

外人・笑顔4

顎の中心(人によっては口角あたりから)から下顎角までの間の下顎骨下縁に、表情筋である広頚筋が付着します。

広頚筋は「口角を下方に下げる」働きがあるため、広頚筋が収縮すると口角が下がり、暗い顔になってしまい第一印象が悪くなります。

また広頚筋顔面部は笑筋に付着します。
笑筋は名前の通り笑顔を作るために必要な筋肉です。

外国人モデル(笑顔)

笑筋は「口角を外方や側方に引く」働きがあり、人によっては、『笑窪(えくぼ)』を作ります。

広頚筋をアプローチすることにより、口角が下方に下がることを抑制するため、笑筋の働きがより活きてきて、笑顔がより素敵になります。

 

外人・笑顔3

さらに広頚筋は胸筋筋膜から起始して、下顎骨下縁に停止しているため、押圧を行うことにより、首のシワ予防二重あご予防デコルテにも影響があり、奇麗にスッキリさせる効果があります。

第一印象は記憶に残りやすいので、もの凄く重要です。
このようなセルフケアでも、あなたの素敵な笑顔を活かせることができます。

みなさんぜひお試しください。

信頼できる先生を知っていますか?

〜〜〜お知らせ〜〜〜
にほんブログ村のブログランキングに登録しました。
下のアイコンをクリックしてもらうと、励みになりますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村